初回の方へ

HOME  メニュー・料金  うつ病
空き状況検索

 

お問い合わせ・ご相談 電話でのお問い合わせ 03-6906-7265

お問い合わせフォーム
旧サイトはこちらから LINK集
携帯サイト
http://www.whereabouts.jp/m/
QRコード

QRコードを携帯電話で読み取り表示されたURLにアクセスいただくとモバイルサイトへつながります。

〒175-0083 東京都板橋区徳丸3-15-2-303 TEL:03-6906-7265

うつ病

うつ病とひとことで言っても、色々な種類や症状があります。
ここでは分かりやすく3つの種類に分けて説明します。
ただし、当ルームでの情報をまとめたものですので、これ以外にも症状はたくさんあります。

うつ病性障害

一般的に言われている「うつ病」もこれにあたります。

何をするにも憂うつで、今まで楽しめていたことが楽しくないと感じたり、物事に興味を持たなくなったりします。
とてもけだるく常に疲れた感じで思考力は低下し、これまで普通にできたことができなくなってしまったりします。
夜はなかなか寝付けず、早朝に目が覚めてしまってその後眠れなくなってしまったり、寝起きはだるく辛い状態です。
そんなふうにコントロールできない状態ですから、「自分はダメな人間だ」とさらに思い込んでしまったり、
ひどくなると「死にたい」「存在したくない」と自殺願望まで持つようになります。

このうつ病性障害は数種類に分類されていて、
脳内物質のバランスが崩れている場合はカウンセリングだけでは効果が得られません。
脳の病気と考えたとしますと、薬物療法などの医療処置が必要なのです。
かといってカウンセリングが無効かといいますと、そうとはいえないのです。
心の安定を図るために本音をぶつける場所として、カウンセリングは有効な手段と言えます。

なお、何らかの明らかな原因があって症状が出ている場合はカウンセリングが有効です。
医療処置が不要かと言いますと、そうではありません。
会話にならないくらい重度の場合は薬物によって思考を安定させなければカウンセリング自体が行えないのです。

双極性障害(躁うつ病)

躁状態とうつ状態を繰り返す病気です。
躁状態とはテンションが尋常ではないほど高く、買い物が止められないなど悪い結果が待っていることも考えないで熱中してみたり、あまり眠っていないのに元気で行動的です。
「自分はすごい人間だ」といったような根拠のない自信を示すこともありますし、あれこれと考えが思い浮かんで休むことなく行動したりします。
本人としてはとても調子が良いと思っているようで、病識(何か変だな・・・という自覚)がありません。

このタイプの人を病院で受診させるのは難しいです。なぜなら、自分は悪いところはなく、むしろ調子が良いと思っているからです。
ですから何らかの上手い理由を見つけて本人を説得するしかありません。
嘘をついたりして無理やり受診させたとすると、後々の治療に悪影響がでる可能性があります。

新型うつ病

従来のうつ病とは症状や治療法が異なります。
このような書き方をすると「ただの自分勝手」だとか「わがまま」などと誤解されるかもしれませんが、
この新型うつ病は、最近少しずつ知られ始めている病気のひとつです。

まず、従来型のうつ病患者が、物事がうまくいかなかったりする時に自分をとても責めたりしますが、
新型うつ病患者は【他人のせい】にします。
「〜が悪い」「〜が○○したせいだ」「〜がいなければ」などと言ったりします。

会社が分かりやすいので例えてみます。
会社の上司と折り合いの悪いことが原因で、新型うつ病の診断を受けました。
その人は少しお休みを貰うことになりました。
休みが明けて出社したその人に、休暇中は何をしていたかと同僚が尋ねると、
「海外旅行に行った」「飲み行った」「買い物に行った」と楽しそうに答えます。
それを聞いた周囲の人は「さぼっているのではないか?」と疑問を持ちます。

【いいえ、さぼっているわけではありません。それが新型うつ病の症状です】
本人は会社が原因で病気になったと思っているので、会社から離れることで一時的に症状が消滅しています。
また出社すると、症状が現れてきます。
軽度のうつ病症状にも当てはまり、新型うつ病のケアには、カウンセリングが不可欠と言われています。

カウンセリングでは認知行動療法で改善を図ります。

まずは病院で受診してみてください

薬を使わずに治したいと言われる方もいらっしゃいますが、脳内物質のバランスが崩れていれば投薬する必要があるかもしれません。まずは病院で受診し、必要であれば薬物によって心のバランスをフラットにすることが最優先です。

カウンセリングはその後のケアとして重要です。

ページトップ