初回の方へ

HOME  メニュー・料金  AD/HD
空き状況検索

 

お問い合わせ・ご相談 電話でのお問い合わせ 03-5970-3236

お問い合わせフォーム
旧サイトはこちらから LINK集
携帯サイト
http://www.whereabouts.jp/m/
QRコード

QRコードを携帯電話で読み取り表示されたURLにアクセスいただくとモバイルサイトへつながります。

MAP
〒174-0043 東京都板橋区坂下1-3-9 TEL:03-5970-3236

AD/HD

AD/HD(注意欠陥多動性障害)の傾向

  • 整理整頓が苦手で部屋などが汚い
  • 人の話をきちんと聞けずにボーッとしてしまう
  • 落ち着きがない
  • 周りの音などに敏感で、自分のことに集中できない
  • 課題などを仕上げることができない
  • 人の話を最後まで聞かずに出し抜けに答えてしまう
  • カッとなりやすい
  • 失敗しても反省することを忘れてしまっている
  • よくしゃべり、止まらなくなってしまう
  • 忘れ物が多い

AD/HD(注意欠陥多動性障害)とは 〜特徴〜

「注意性」「多動性」「衝動性」に特徴をもつ症候群です。
幼いころは落ち着きがなく注意力も散漫なのは当たり前のことなのですが、 ここでいうものは【その年齢にはふさわしくない行動】などのことです。

  • 人の世話などは得意気にすることができますが、自分の身のまわりのこととなるとできないことが多く、
    例えば歯磨き・着替え・でかける支度など、日常に欠かせないことが苦手です。
  • 部屋をグルグルと歩き回り続けたり、座って前後左右にゆらゆらしたりします。
  • ボタンを見ると反応して押してしまったり特定の何か気に入ったものをコレクションするために、やってはいけない行動に出てしまうことがあります。
    頭では「いけない」と分かっていても、その行動を抑えることや、気持ちを抑えることができません。
  • 何について話し合うかテーマが決まっているとしても、その会話の中に自分の興味のある単語が出てきてしまったとたん話を逸らして違う方向に持っていくことがあります。
    周囲はひとまずその話に付き合ったりしますが、結果、何について話していたかを忘れてしまったり、話がまとまらないということがあります。
  • 忘れ物、失くし物が多いです。物が落ちた時には音がしますが、通常以上に集中していなければ全く気がつきません。
    逆に自分の興味のある音がすると、今やるべきことを忘れてそちらの音に注目します。
    例えばお金の音などです。
  • 物事の結果を考えることができず、何も考えないで行動に移してしまうことがあります。
    そのため道路に突然飛び出して轢かれてしまうなど、取り返しのつかないことが起こることも考えられます。
  • 興奮しやすく、自分にとって腹立たしいことがあると、見境なく暴れ出したり暴力をふるうことがあります。

【発達障害全般】気付いたら、小さい頃から療育を

親としては、分かりやすい身体ではなく、分かりにくい障害を抱えていることを受け止めるには勇気も決心も必要になってきます。
障害者というレッテルをはられるのではないかと不安になるかもしれません。
それがきっかけで他の人との差別を受けて辛い思いをするのではないか、いじめにあうなど、返ってマイナスになってしまうのでは・・・などと悲観してしまうかもしれません。

そのため、普通に育てたい、通常学級に行かせたい気持ちから「うちの子供は少し変わっているだけです。問題ありません。」
と言われる方がいらっしゃいます。
考え方は人それぞれですから、それで何事もなく大人になるまで成長してくれることが本来はベストだと思います。
ただ、その中には「あの時、早目に受け入れて対応していれば・・・」と後悔される人もいることでしょう。

数十年前と違い、今は発達障害に対して一緒に寄り添ってくれるサポーターが多く存在します。
母親が一人孤独に闘うのではありません。頼れる仲間や、アドバイザーがいることを知っておきましょう。

そして、なぜ早目の療育が良いのかと言いますと、
3歳あたりで自分のことを自分で少しずつ始められる頃から、周囲がサポートすることによって本人の習得する期間が短くなります。
手先が不器用などのことは、療育でトレーニングを繰り返したりするのですから、早目に越したことはありません。
また、いわゆる「反抗期」に入ってしまうと、本人も人とは違うと分かりながらも認めたくなくなったり、反発します。
その時期に差し掛かることで、トレーニングができなくなることがあります。

また、病院を受診しておいた方が良いです。
なぜなら、発達障害に関しては子供専門となり、大人になってからの発達障害専門は少ないからです。
ですから15歳になるまでに一度は療育センターなどを受診しておくことで、継続して診察を受けられるかもしれませんし、
大人になってから診察を受けるとすると、精神科や心療内科になってしまいます。
そして、それはあくまでも二次障害を対象に受診することになると思われます。

なお、病院受診のメリットとして、投薬を受けることができるということです。
本来、できることなら極力使いたくない薬ではありますが、その薬を投薬することによって、問題行動が減少し、
自分で物事を考えたりトレーニングに前向きになることによって、日々の生活での改善が図れます。
薬は一生飲み続けなくてはならない、とは限りません。
投薬中に成功体験を積み重ねることによって、大きくなってからは薬が無くても成功した体験を思い出しながら
社会で生きていけるということを想定しているのです。

ページトップ