初回の方へ

HOME  初回の方へ  ご挨拶
空き状況検索

 

お問い合わせ・ご相談 電話でのお問い合わせ 03-5970-3236

お問い合わせフォーム
旧サイトはこちらから LINK集
携帯サイト
http://www.whereabouts.jp/m/
QRコード

QRコードを携帯電話で読み取り表示されたURLにアクセスいただくとモバイルサイトへつながります。

MAP
〒174-0043 東京都板橋区坂下1-3-9 TEL:03-5970-3236

ご挨拶

はじめまして

毎日の生活の中で、人は生きていくためにストレスと闘い、心を消耗しています。
生きるということは、楽しいことばかりで過ごせるという現実ではありません。

周りには気付かれなくとも、生きること自体に疲れてしまっている人や、
常に人と比べてしまって劣等感などを持ち続けている人、
自分に注目してもらいたいと強く願う、おとなしい人などさまざまなです。

また自分自身のことではなく、環境によって悩んだりしなくてはいけない人もいます。

そしてそれが精神疾患や障害と言った形で表面上に出てきてしまった時、
まだまだ日本では理解されることの方が少なく、患った当事者はただ辛い思いをすることが多いのが現状です。

 

社会からはみ出した感じ。こんな自分って変なの?

うつになってしまったから自分は終わりだ。
こんな弱い自分は生きている価値がない。
誰も分かってくれないような変な病気にかかってしまった自分が嫌いだ。

周囲に理解者がいないということは、自分のような人を受け入れてもらえないと感じてしまいます。
精神疾患や障害を持つ人は、「自分がその立場になって初めて分かった」と言われる人が大半です。
そのくらい分かりにくく、また理解されにくく、受け入れてもらうにも難しいのです。

だからといってそれがおかしいのではありません。
人間は、そもそも弱い心を持っています。それが色々な要素が重なって表面に出てしまっただけなのです。
言い換えてしまえば、そんな人たちを傷つける側の人間も疾患や障害を抱える可能性はあるということです。
理解されにくい病気であったとしても、それが理由で自分の存在を否定する必要はありません。

会社、学校、家庭など、それぞれが生きていく社会から外れてしまったと感じる人たちの
心の回復の手助けをし、社会に送り返すのがカウンセラーの仕事です。

ページトップ