こんな方にはカウンセリングを

HOME  こんな方にはカウンセリングを  症状・障害等
空き状況検索

 

お問い合わせ・ご相談 電話でのお問い合わせ 03-5970-3236

お問い合わせフォーム
旧サイトはこちらから LINK集
携帯サイト
http://www.whereabouts.jp/m/
QRコード

QRコードを携帯電話で読み取り表示されたURLにアクセスいただくとモバイルサイトへつながります。

MAP
〒174-0043 東京都板橋区坂下1-3-9 TEL:03-5970-3236

事例の一部をご紹介

精神科や心療内科で診断された人の例

  • うつ病・うつ状態 … 気分が落ち込み、物事に関心がなくなったりする症状
  • パニック障害 … 突然、動悸やめまい、息切れが始まって死ぬのではないかとパニックになる症状
  • 社会恐怖 … 人前で失敗したり恥をかくことを必要以上に恐れ、それによって現れる症状
  • PTSD … 過去のトラウマ体験がもたらす症状
  • 全般性不安障害 … 理由の有無にかかわらず、強い不安を持つなどの症状
  • 転換性障害 … 身体的には異常がないにも関わらず、歩けなくなったりするなどの症状
  • 解離性障害 … 自分が自分で無い感じがする症状
  • 性同一性障害 … 身体と心の性別が異なる症状
  • 心身症 … ストレスから体調不良を起こす症状
  • 心気症 … 自分は何かの病気ではないのかと酷く悩む症状
  • 統合失調症 … 脳機能のバランスが崩れ、幻聴や幻覚以外にもさまざまな症状が現れる
  • 自律神経失調症 … 自律神経に異常が現れ、どうきやめまいなどが現れる症状

日常の具体的な事例(一部抜粋)

仕事に追われる毎日で、気づくと何も楽しくなく、生きているのも嫌になってしまった。

これまで真面目に生きてきたAさん、頼られることがうれしくて、

自分のキャパシティ以上の仕事量を引き受けてしまうようになりました。

最初はうまくいっていたことも、気がつくとミスが増え、失敗するたびに自分を責めるようになり、

今まで何が楽しくて生きてきたのか、みんなはどうして笑顔で過ごせるのか、

どうして自分はダメな人間なのだとマイナスの感情ばかりに支配されていることに気がついてカウンセリングに訪れました。

【対応してきたこと】

カウンセリング開始と同時に、その時点での仕事量や責任などについて確認しました。

Aさんは人から良く思われたい気持ちが強く、また頼られることで自信が持てたといいます。

さらに困っている人を見ていると放っておけない性格から、自分の身を犠牲にしてまで働き続けました。

カウンセリングの中で、得た気付きは、「人に悪く思われるのが恐くて、断れなかった」ということでした。

結果的に無理をしたことで、職場の人たちに迷惑をかけたこと、自分の調子が悪くなって仕事に影響が出たこと、

これからも今の状況が続けば、うつ病などの精神的な障害が出てくるのではないかということが考えられました。

そして、今後の対応としては、現状を上司に伝えて仕事量の負担を減らしてもらうことになりました。

また、Aさん自身はカウンセリングの中で「自分も断る権利がある」ということを受け止めてもらい、

頼られた相手に失礼にならない断り方を練習することになりました。

人見知りが激しくて、人前で過剰に緊張してしまう。

みんなと仲良くしたいといつも思っているし、友達が増えることを心から望んでいるBさん。

学生時代から友達の前で自分の意見を言うことが全くなく、就職したのですが同僚や先輩と関わることに悩んでいます。

視線を合わせるのが苦手で、長年続いてきたことで人前に出るとそわそわするようになってしまいました。

すると、職場の人から変な目で見られるようになってきました。

Bさんは、厳しい父親に育てられたことで男性に対して恐怖心を持っていたことに気づきました。

カウンセリングを受ける環境には恐いものがないということを確認してもらい、

自分の望む人間像がどんな感じなのか、今の自分に何ができるのか、などを一緒に考えてみました。

男性=みんなが父親のような人間ではないということをBさんは念頭において、

職場で自分ができそうな簡単な課題を少しずつこなしていき、人との関わりを増やすようになりました。