こんな方にはカウンセリングを

HOME  こんな方にはカウンセリングを  発達障害のための支援
空き状況検索

 

お問い合わせ・ご相談 電話でのお問い合わせ 03-5970-3236

お問い合わせフォーム
旧サイトはこちらから LINK集
携帯サイト
http://www.whereabouts.jp/m/
QRコード

QRコードを携帯電話で読み取り表示されたURLにアクセスいただくとモバイルサイトへつながります。

MAP
〒174-0043 東京都板橋区坂下1-3-9 TEL:03-5970-3236

発達障害のための支援

発達障害では何が困るの?

発達障害はグレーゾーンに位置し、障害と健常の間にあると言われています。
「発達障害を理解するために」のページでも申し上げましたが、周囲からの理解を得る事が難しい症状です。

見た目では分からない、少し話したくらいでも気づきにくい、また、気づかれたとしても親のしつけが悪いと批判される。

さらには診断を受けた後は「普通の子供を病人扱いしている。特別扱いして欲しいのか」などと
酷い言葉を投げつけられるケースも少なくありません。
ある子供は、親から「障害が移るから○○ちゃんとは遊ばないで」と言われたというケースもありました。

本来問題視する発達障害の症状部分に対応するのはもちろんのことですが、周囲からの風当たりに対しての心の耐性が
必要になってくるのです。

当ルームでは、「自分はなんだか人と違う。普通に暮らしているつもりなのに浮いている。人間関係もうまくいかない。」
そう思われているご本人、また、それを支えるご家族のケアをいたします。

特に小さい頃に診断を受けてもどうしたら良いか分からない、愚痴を聴いてくれるところも相談に乗ってくれる人もいない、
などメンタルケアを要するお母様など、ぜひ一緒に不安を軽減させていきましょう。

そうしてしまう行動には理由があります

周囲の人にとってみれば、「何をやってるのよ」「何言ってるのよ」と考えたくなるような行動や言動でも、
実はそこに明確な理由があったりします。

例えば、ただ落ち着かないからといった理由による多動ではなく、動くことで脳を覚醒させていることもあるのです。
学校で授業が始まる前に無駄に動いているように見えても実はそういった理由からなのかもしれませんので、見極めが大切です。
ほかにもアスペルガー症候群の人は自閉症と同様、とても真面目な考え方を持っていますので「このくらいは仕方ないかな・・・」と許すことができません。
そのため、自分の中で決めているルールを破っている人を見つけたら厳しく注意することがあります。

このように、意味が分からない行動や言動にも何かしらの理由が存在するということを覚えてください。
それによって社会から逸脱していると勘違いされた人が受け入れられやすくなることと思います。
発達障害を抱えている人は、実は「みんなと自分は何かが違う」と気付いています。
その中であからさまに避けられたり、否定されたり、いじめにあったりするうちに「自分はダメな人間だ。何をやってもダメなんだ。」と自身の存在価値を失くしてしまいます。
これが長期にわたって続いた結果、うつや不安障害などの【二次障害】に繋がってしまうのです。

私たちには得意なことも苦手なこともある

誰しも得意分野と苦手分野があるように、発達障害を抱える人も得意なことは驚くほどの能力を発揮する反面
苦手なことは、とことんできません。

過去の歴史に登場する偉大な人物の中にも、発達障害の可能性があったのでは?と言われている人が多くいます。

IQ検査などの結果で数値的に証明することもできるくらい、得意なことと苦手なことの差が激しく、その分当たり前の生活が当人にとっては大変なもので、またとても頑張っているために疲れやすいのです。
それはプログラムやリハビリによって、少しずつ改善できる可能性もあります。

ページトップ